ホーム > 業界の取り組み > 鉄鋼製品のLCA > Life Cycle Thinking

Life Cycle Thinking

例えば自動車の燃費のように製品の使用時の負荷には誰もが注目しますが、その製造時の負荷や製品寿命到達後の廃棄処理の負荷、リサイクルの効果は、どうしても見落とされがちです。その結果、環境に良かれと思って製品選択したはずが、実際の結果は逆だったということもあり得るのです。

製品・サービスの環境負荷を正しく評価するためには、その製造時、使用時および製品寿命到達後の最終処分やリサイクルといった、製品の一生(=製品のライフサイクル)を通して資源・エネルギー消費や環境負荷等を考えることが重要です。この考え方をライフサイクルシンキングといいます。

環境負荷

ページの先頭へ