ホーム > 業界の取り組み > 地球温暖化対策 > 日本鉄鋼連盟規格(JFS)

日本鉄鋼連盟規格(JFS)

 日本鉄鋼連盟規格は、1996年に制定され、以降、自動車用鋼板についての規格として、広く使用されてきました。制定時点では、製品7規格、試験方法2規格から構成されていましたが、2014年の改正時点で、製品1規格、試験方法2規格は廃止され、現在、製品6規格で構成されています。
 製品規格は、多様化したユーザー規格及びメーカー規格を実態に則して体系的に統一して制定した規格であり、自動車用薄板に必要な機械的性質、寸法、形状、取引情報などを規定しています。まためっき鋼板には、めっきの付着量、化成処理などめっき特有の項目を加えて規定しています。
 なお、日本鉄鋼連盟規格は、日本語版がオリジナルですが、それを翻訳した英語版も用意されています。

2014年改正について

日本鉄鋼連盟規格のうち,次の6規格が2014年8月1日に改正されました。
JFS A 1001 自動車用熱間圧延鋼板及び鋼帯
JFS A 2001 自動車用冷間圧延鋼板及び鋼帯
JFS A 3011 自動車用合金化溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯
JFS A 3021 自動車用電気亜鉛めっき鋼板及び鋼帯
JFS A 3031 自動車用電気亜鉛-鉄合金めっき鋼板及び鋼帯
JFS A 3041 自動車用電気亜鉛-ニッケル合金めっき鋼板及び鋼帯

主な改正内容は,以下のとおりです。
@適用する厚さの範囲を、実態に合わせて見直した。
A最近使用が増加している高張力鋼板について、機械的性質の規定値を狭幅化し、あわせて1180グレードなど新グレードを追加した。
B表面仕上げについて、旧JISによる測定法を削除した。

なお、この規格は、2015年7月末までの1年間に、旧版からの切り替えが完了する計画です。

次の3規格は、2014年8月1日に廃止されました。
JFS A 3051 自動車用電気亜鉛−ニッケル合金めっき有機複合被覆鋼板及び鋼帯
JFS T 1001 穴拡げ試験方法
JFS T 2001 薄鋼板及び鋼帯の塑性ひずみ比試験方法
日本語版
販売価格=本体価格+消費税(送料別)
規格番号
発行年
規格名称
本体価格
JFS A 1001
2014
自動車用熱間圧延鋼板及び鋼帯
 ¥3,600
JFS A 2001
2014
自動車用冷間圧延鋼板及び鋼帯
 ¥3,700
JFS A 3011
2014
自動車用合金化溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯
 ¥4,500
JFS A 3021
2014
自動車用電気亜鉛めっき鋼板及び鋼帯
 ¥4,200
JFS A 3031
2014
自動車用電気亜鉛−鉄合金めっき鋼板及び鋼帯
 ¥3,300
JFS A 3041
2014
自動車用電気亜鉛−ニッケル合金めっき鋼板及び鋼帯
 ¥3,900
英語版
販売価格=本体価格+消費税(送料別)
規格番号
発行年
規格名称
本体価格
JFS A 1001
2014
Hot-rolled steel sheet and strip for automobile use
 ¥5,400
JFS A 2001
2014
Cold-rolled steel sheet and strip for automobile use
 ¥5,600
JFS A 3011
2014
Hot-dip galvannealed steel sheet and strip for automobile use
 ¥7,200
JFS A 3021
2014
Electrolytic zinc-coated steel sheet and strip for automobile use
 ¥6,500
JFS A 3031
2014
Electrolytic zinc-iron alloy-coated steel sheet and strip for automobile use
 ¥5,200
JFS A 3041
2014
Electrolytic zinc-nickel alloy-coated steel sheet and strip for automobile use
 ¥6,500

販売価格は、本体価格+消費税(送料別)となっております。
購入申込みは、日本語版申込書または英語版申込書に必要事項をご記入の上、E-mailでお送りください。
件名に「自動車用鋼板規格申込み」とご入力ください。
なお、代金のお支払いは、規格票到着後、同封の請求書によりお振込みください。

 

申込み及びお問合せ先:

一般社団法人日本鉄鋼連盟 標準化センター事務局
E-mail std1@jisf.or.jp TEL:03-3669-4826 FAX:03-3669-0226

ページの先頭へ