ホーム > 統計分析 > 鉄鋼輸出入実績概況 > 2010暦年鉄鋼輸出実績概況

2013暦年鉄鋼輸出実績概況

 

−−2013暦年鉄鋼輸出実績概況−−

数量 4,345.6万トン、前年比2.3%増で2年連続の増加となり過去最高を更新

  • 2013年の鉄鋼輸出船積実績は数量が4,345.6万トンで、前年比2.3%増と2年連続で増加し、4年連続で4,000万トンを超え、2010年(4,339.5万トン)を抜いて過去最高を更新した。金額では、ドルベース421億5,162万ドルで、前年比11.0%減少した。また、円ベースでは4兆882億円で、前年比8.5%増加した。
  • 輸出の内訳をみると、普通鋼鋼材(2,847.1万トン、前年比2.9%増)、半製品(594.8万トン、同7.9%増)、二次製品(67.8万トン、同0.3%増)が増加した。一方、特殊鋼鋼材(765.2万トン、同2.5%減)、銑鉄(28.4万トン、同29.5%減)が減少した
  • 普通鋼鋼材を品種別にみると、熱延広幅帯鋼(1,148.9万トン、前年比12.2%増)、溶鍛接鋼管(96.7万トン、同8.0%増)、形鋼(97.0万トン、同8.3%増)、線材(68.1万トン、同36.9%増) 等が前年比で増加した。一方、亜鉛めっき鋼板(421.5万トン、同8.7%減)、厚板(326.3万トン、同9.6%減)、冷延広幅帯鋼(316.7万トン、同0.6%減)、電気鋼板(80.3万トン、同3.1%減)、継目無鋼管(60.8万トン、同5.7%減)、棒鋼(33.5万トン、同6.9%減)等が前年比で減少した。
  • 最大の輸出仕向先は韓国(785.4万トン、前年比4.4%減/3年連続減)で、以下、中国(610.0万トン、同0.3%増/3年振り増)、タイ(552.7万トン、同2.3%増/2年連続増)、台湾(385.5万トン、同9.2%増/2年連続増)、ベトナム(253.0万トン、同12.2%増/8年連続増)、米国(235.5万トン、同3.7%減/4年振り減)の順となり、ベトナムが米国を抜いて第5位の仕向先となった。

 

−−2013暦年鉄鋼輸入速報概況−−

  • 2013年の鉄鋼輸入実績は、全鉄鋼で773.6万トン、前年比3.8%減と2年連続で減少した。内訳をみると、普通鋼鋼材(415.9万トン、前年比6.8%減)、フェロアロイ(168.5万トン、同1.1%減)、半製品(15.6万トン、同43.4%減)が減少した。一方、二次製品(80.7万トン、同7.2%増)、 特殊鋼鋼材(63.3万トン、同17.0%増)、銑鉄(19.8万トン、同0.4%増)が増加した。
  • 普通鋼鋼材は2年連続の減少となった。品種別にみると、最大の輸入品目である熱延広幅帯鋼(162.9万トン、前年比6.2%減)が減少したほか、冷延広幅帯鋼(90.7万トン、同2.8%減)、亜鉛めっき鋼板(51.4万トン、8.8%減)、厚板(44.1万トン、同14.0%減)、線材(12.8万トン、同48.9%減) 等が減少した。一方、溶鍛接鋼管(15.9万トン、同3.6%増)、形鋼(9.8万トン、同57.9%増)等が増加した。
  • 普通鋼鋼材を仕入先別にみると、最大の仕入先は韓国(286.8万トン、前年比7.2%減/4年振り減)で、以下、台湾(95.1万トン、同12.4%増/4年連続増)、中国(28.4万トン、同38.2%減/2年連続減)の順となった。

 

ページの先頭へ