ホーム > 業界の取り組み > 鉄鋼業界受賞事例 > 鉄鋼安全表彰

鉄鋼安全表彰

第54回(2013年2月)(PDF)

第53回(2012年2月)(PDF)

第52回(2011年2月)(PDF)

第51回(2010年2月)(PDF)
第50回(2009年2月)(PDF)
第49回(2008年2月)(PDF)
第48回(2007年2月)(PDF)
第47回(2006年2月)(PDF)
第46回(2005年2月)(PDF)
第45回(2004年2月)(PDF)
第44回(2003年2月)(PDF)

目的

安全意識を高揚し、労働災害の減少を図るため、他の模範と認められる優れた総合安全成績を記録した事業所等を表彰する。

表彰時期

毎年2月

表彰種類

安全栄誉賞・・ 業態ごとに優秀賞を2年連続で受賞し、引き続き翌年次も優秀賞に該当するすべての事業所を選ぶ(第49回(2008年2月)より新設)
優秀賞・・ 業態ごとに安全成績が優秀な事業所を選ぶ
優良賞・・ 業態ごとに安全成績が優良な事業所を選ぶ
努力賞・・ 業態ごとに安全成績の向上が著しい事業所を選ぶ(第49回(2008年2月)より廃止)
無災害記録賞・・ 業態ごとの最長無災害記録時間を更新したすべての事業所を選ぶ
年間無災害賞・・ 年間無災害を達成したすべての事業所を選ぶ(第49回(2008年2月より新設)
特別表彰・・ とくに抜群の成績を収めた会社または事業所に対し、特別の表彰を行う

【業態区分】

(第49回(2008年2月)より)  

・高炉事業所
・特殊鋼等製鋼事業所
・普通鋼電炉事業所
・鍛造・圧延事業所
・合金鉄・鋳物・鋼材加工・その他事業所 

(第48回(2007年2月)まで)

・高炉事業所
・製鋼第1部事業所
・製鋼第2部事業所
・鍛造・圧延事業所
・合金鉄・鋳物・その他事業所

ページの先頭へ