鉄鋼EDI標準では、鋼材製品に貼付される現品ラベル等にバーコードを表示し、これを読み取ることによって、EDIメッセージとの対応をとる事ができる仕組みになっています。

   たとえば、鋼材現品受入れ時にラベルに表示されたバーコードをスキャナーで読み取ることで、事前に伝送されたEDI情報と鋼材現品とを照合し、検収業務を正確・迅速に行えるほか、日常の在庫管理、出庫管理業務等に利用することも可能です。

   このバーコードは、現在、薄板用の2様式と棒線用の1様式が規定されています(詳細は、「鉄鋼EDI標準(2001年版) V.3 バーコード標準」をご覧下さい)。

 

1.「鉄鋼バーコード標準」の基本的考え方

(1)EDIとのセット運用が前提

@ バーコードは、これを表示したラベルを現品に貼付して需要家へ提供します。
A この現品に関する詳細情報は、EDIによって需要家へ提供します。
B バーコードラベルとEDIメッセージとは、キー項目で関連付けされており、需要家は印字されたキー項目のバーコードを読み取る事で、その製品に関するEDIメッセージを参照することができます。
C この様な考え方に基づき、バーコードの記載項目はEDIとのマッチンングキー(供給者企業コード、現品/梱包番号)、と主要項目のみに限定しています。

(2)国際先行標準に準拠

  米国のAIAG(Automotive Industry Action Group)他の主要先行標準に準拠しつつ、国内鋼材取引の実態にあわせラベル縮小等の調整を加えました。

 

2.主なバーコード仕様

(1)主な特長

@ Code39を使用(チェックディジットなし)
A データ識別子はFACTを用いる
B バーコード記載項目は最大5項目

(2)添付形態と使用様式

 

品種・梱包状態

ラベル添付形態の例示

添付形態
(原則)
使用様式
(原則)
薄板コイル/シート

・熱延鋼板
・冷延鋼板
・表面処理鋼板
・ブリキ
・電磁鋼板
・ステンレス鋼板

bare3.gif (6874 バイト)

貼付ラベル

 

 

 

 

 

 

barcodeA-1big.gif (67895 バイト)A−1

 

barcodeB-1.gif (11775 バイト)B−1

  

棒線コイル及び結束材

 

 

 

 

 

 

bar-bar.gif (4168 バイト) フープシール

 

 

barcodeC-1.gif (16859 バイト)C−1

 

 

 

 

 

 

 

bar-rod.gif (4662 バイト) タグ(荷札)

 

 

 

 

(3)運用方法

1 本標準の様式は、国内向け及び合意の得られた輸出向けを対象とします。

2 但し、ここに規定されていない品種は、今後検討予定です。

3 添付位置は以下のとおりとします。

@ 一体型バーコードラベルの場合、製品ラベルと同運用
A 分離型バーコードラベルの場合、製品ラベルと隣接運用

4 また、バーコードラベル枚数も製品ラベルの運用に合わせます。

5 ラベル様式選定の原則

   特に薄板については、製品ラベルとバーコードラベルとの一体型とするか否か、及び様式A、様式Bの選択はバーコードラベルの発行元の任意によります。

 

 

(4)様式と記載項目

様式別記載項目

3種類の様式のラベルの大きさと記載項目は、下表によります。

 

様 式 A

様 式 B

様 式 C

A−1

B−1

C−1

大 き さ *1

(単位:mm)

横 

100

200

100

縦 

90

46.5

32

主 対 象 品 種

薄 板

薄 板

棒線材

主 添 付 形 態

貼付ラベル

貼付ラベル

フープシール
または
タグ

 

識別子

最大桁数

 

 

 

 

材料識別コード

15

供給者企業コード

1V

12

現品番号
 または
梱包番号

3S

15

15

発注番号
 または
メーカー契約番号・行番

1K

15

15

質量/員数

11

様式名(文字情報)*2

供給者名(文字情報)

JISI A-1

JISI B-1

JISI C-1

  *1 ラベルの大きさについては、ハードの制約等により、厳密に守れない場合がある。
  *2 JISI:「鉄鋼EDI標準」のBPID(Business Protocol IDentification): Japan Iron & Steel Industry

 

 

(5)データエレメントの定義

データ
項 目

内 容
指定者
*1



最 大
桁 数

記  載  内  容 

 

材料識別コード

顧客
*2

15

注文段階で判明している顧客が明細毎に指定する管理bP。顧客側での照合を目的とする。
供給者企業コード メーカー 1V

12

CII標準企業コード 12桁
現品番号
*3
メーカー

15

現品を識別するユニークなキーであり1年間は重複しない。
梱包番号
*4
メーカー 3S

15

梱包単位に現品を識別するユニークなキーであり1年間は重複しない。
発注番号

顧客
*4

15

注文段階で判明している顧客が発注単位に指定する管理bQ。但し、データがスペースの場合は鉄鋼メーカー契約番号・行番を表示してもよい。
その場合は識別子は‘1K’とする。
質量/員数 メーカー 11 現品の質量および員数。但し、最大桁数は下記とする。

 (内訳)
質量    5桁
スペース 1桁
員数    5桁

 *1 顧客指定方法は、メーカーへの注文書による運用を基本とする。
 *2 顧客指定項目は、顧客の要請なき場合は打ち出さなくても良い
  *3 “切板”等内容の複数鋼材が、個々の現品識別番号を保有しない場合の、いわゆる
          “梱包番号”は「現品表示の最小単位」であり、この『現品番号(S)』に相当する。
 *4 “スリットコイル”等内容の複数鋼材が、個々に『現品番号(S)』を保有する場合
         の、いわゆる“梱包番号”“結束番号”は、この『梱包番号(3S)』に相当する。

  (備考1)「現品番号」並びに「梱包番号」の項目は、そのうちのいずれか一方を表示する。
  (       2)EDIメッセージとの照合キーは、「供給者企業コード」及び「現品番号」、または「梱包番号」となる。





 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 一般社団法人日本鉄鋼連盟 鉄鋼EDIセンター
 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-2-10
 TEL:03-3669-4820  FAX:03-3639-5249