ホーム > ニュースリリース > トピックス > 標準化センター創立10周年記念講演会について −日本の鉄鋼標準化80周年−

トピックス

標準化センター創立10周年記念講演会について −日本の鉄鋼標準化80周年−

国が国際標準化戦略を指導するなど、標準化活動が注目を集めている現在、日本の標準化で重要な役割を担ってきた鉄鋼業で、標準化活動を支えてきた鉄鋼連盟の標準化センターが4月1日で創立10周年を迎えます。また、初めての公的規格JES(日本標準規格)の鉄鋼製品4規格が制定されて約80年となります。
このため、鉄鋼が進めてきた標準化活動を広く知っていただくことと、日本の標準化活動の更なる活性化に寄与することを目的に記念講演会を開催します。今回の講演では、経済産業省と、海外の欧州、米国、中国の鉄鋼標準のトップの方の協力を得て開催します。講演会に参加される方は、日本の標準化関係者及び鉄鋼の標準化関係者など約250人(110の団体・大学・企業など)を予定しています。なお、参加の申し込みにつきましては、既に締め切らせていただきました。

1.開催日時・場所
(1) 日時: 2007年9月20日(木) 14時30分開始、17時 30分終了
(2) 場所: 霞が関ビル33階 東海大学校友会館 阿蘇の間

2.記念講演会(14時30分開始)
(1) 挨拶  (社)日本鉄鋼連盟 馬田会長 (10分)
(2) 祝辞  経済産業省 産業技術環境局長(予定)(10分)
(3) 講演会 (途中15分の休憩挟む。テーマは仮テーマ。時間は講演+質疑応答。)
 @「日本及び世界の標準化」経済産業省 江藤認証課長(予定)(20+5分)
 A「鉄鋼標準化の歴史と考え方」鉄鋼連盟 大橋標準化センター事務局長(20+5分)
 B「世界の(鉄鋼の)標準化活動の動向」(25+5分)× 3人=90分 ★同時通訳有り

1) 中国 Ms.Zhang (チャン氏) 中国

中国冶金情報標準研究院 院長(President of CMIS/ China Metallurgical Information and Standardization Institute)

2) 欧州 Mr.Creton (クレトン氏) フランス

欧州鉄鋼標準委員会 委員長(Chairman of ECISS/ European Committee for Iron and Steel Standardization)

3) 米国 Mr.Speer (スピア氏) アメリカ

アメリカ材料試験協会 構造用鋼委員会 委員長(Chairman of ASTM A0102/Structural Steel)

3.懇親会(17時40分開始。同じく霞ヶ関ビル33階の「望星の間」で開催)
19時15分終了の予定

以 上

本件に関するご連絡/お問合せ先:

(社)日本鉄鋼連盟 標準化センター 事務局長 大橋
TEL:03-3669-4826

---------------------------------------------------

  参考情報

  1. 日本鉄鋼連盟法人 日本鉄鋼連盟標準化センターは、JIS(日本工業規格)及びISO(国際標準化機構)の規格化など鉄鋼に関する全ての標準化活動に対し、戦略的かつ効率的に推進することを目的に1997年4月1日に創設されました。
  2. 標準化センターは、ISOで鉄鋼の主要な審議委員会であるTC17(鋼)、TC17/SC1(化学成分の定量方法)、TC102(鉄鉱石及び 還元鉄)、TC102/SC1(サンプリング方法)、TC67/SC5(油井管)の5つの幹事国を務め、内4つの議長も務めています。

ページの先頭へ