ホーム > ニュースリリース > トピックス>インド向け技術カスタマイズドリスト第4版を公表

トピックス

インド向け技術カスタマイズドリスト第4版を公表

 日本鉄鋼連盟は、3月18日、インド鉄鋼業にふさわしい省エネ・環境技術を掲載したインド向け「技術カスタマイズドリスト(Technologies Customized List:TCL)」第4版を公表致しました。

 日本鉄鋼連盟は、インド鉄鋼業の省エネ・環境保全に貢献し、技術導入を促進する目的で、2011年から「日印鉄鋼官民協力会合」を行って参りました。その活動の1つとしてTCLを策定し、官民会合等で意見交換を行ってきました。
これまで、インドでは、高炉の省エネ・環境保全・リサイクル技術を掲載したTCLを策定してきましたが、昨年度行われた「第8回日印鉄鋼官民協力会合」でインド側より、電炉向け技術の拡充をしてほしいとの要望を受けました。
 これを受け、本年1月23日にインド・ムンバイで開催された「第9回日印鉄鋼官民協力会合」で最新版のドラフトを共有し、この度、第4版が完成致しました。第3版では、高炉技術を中心に34技術を掲載しておりましたが、今回の改訂で新たに電炉の省エネ・環境保全・リサイクル技術等を加え、全68技術を掲載したリストとなりました。

 TCL概要は、以下のPDFをご参照ください。

「技術カスタマイズドリストの概要」(PDF)

 詳細は、以下のURLをご参照ください。
 http://www.jisf.or.jp/en/activity/climate/Technologies/index.html

 第9回日印鉄鋼官民協力会合の様子は、以下のURLをご参照ください。
 http://www.jisf.or.jp/news/topics/090131.html

 

 

本件に関するご連絡/お問合せ先:

一般社団法人日本鉄鋼連盟 総務部 総務・秘書・広報グループ
TEL:03-3669-4822

ページの先頭へ