ホーム > ニュースリリース > トピックス>ASEAN向け技術カスタマイズドリスト第3版を公表

トピックス

ASEAN向け技術カスタマイズドリスト第3版を公表

日本鉄鋼連盟は、2月19日、ASEAN向け「技術カスタマイズドリスト(Technologies Customized List:TCL)*1」第3版を公表致しました。

 

 日本鉄鋼連盟は、ASEAN鉄鋼業の省エネ・環境保全に貢献し、技術導入を促進する目的で、2014年に「日ASEAN鉄鋼イニシアチブ」を立ち上げました。その活動の1つとしてTCLを策定し、現地で行われる会合等で共有をして参りました。

これまで、ASEANでは、電炉の省エネ・環境保全・リサイクル技術を掲載したTCLを策定してきましたが、昨今は現地で高炉での生産も増え、高炉の省エネ・環境保全・リサイクル技術のニーズの高まりを見せております。

このため、第2版では、電炉法の省エネ・環境保全・リサイクル技術を中心に33技術掲載しておりましたが、今回の改訂で高炉法の省エネ・環境保全・リサイクル技術等を加え、全64技術を掲載したリストとなりました。

 

概要は、以下の資料をご参照ください。

技術カスタマイズドリストの概要(PDF)

 

詳細は、以下のURLをご参照ください。

http://www.jisf.or.jp/en/activity/climate/Technologies/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1 TCLとは、対象とする地域の鉄鋼業にふさわしい省エネ・環境保全技術を掲載したリストのこと。

 

本件に関するご連絡/お問合せ先:

一般社団法人日本鉄鋼連盟 総務部 総務・秘書・広報グループ
TEL:03-3669-4822

ページの先頭へ