ホーム > ニュースリリース > トピックス > 中央労働災害防止協会より感謝状を受贈

トピックス

中央労働災害防止協会より感謝状を受贈

 日本鉄鋼連盟・安全衛生推進委員会は、点検・整備等の非定常作業における「挟まれ・巻き込まれ」災害の撲滅に向けて、中央労働災害防止協会にて検討が行われた「鉄鋼生産設備の非定常作業における安全衛生対策のためのガイドライン」の見直しに関する報告書取りまとめに協力を行いました。今般、この取り組みが中央労働災害防止協会が行う労働災害の防止に関する事業活動の推進に多大な貢献があったとして、同協会より表彰されました。

 2月27日、鉄鋼会館にて贈呈式が開催され、関澤 中央労働災害防止協会理事長より、 岡本 安全衛生推進委員会委員長(JFEスチール活タ全衛生部長)に感謝状が贈呈されました。

 
(左から)  中央労働災害防止協会 関澤理事長、
日本鉄鋼連盟安全衛生推進委員会 岡本委員長、
日本鉄鋼連盟 林田会長、 市川専務理事

 

本件に関するご連絡/お問合せ先:

一般社団法人日本鉄鋼連盟 総務本部 広報グループ
TEL:03-3669-4822  FAX:03-3664-1457

ページの先頭へ