ホーム > ニュースリリース > トピックス >2012年度第2回日印鉄鋼官民協力会合等を開催

トピックス

2012年度第2回日印鉄鋼官民協力会合等を開催

 2012年度地球温暖化対策技術普及等推進事業の一環として、日本・インド両国官民の鉄鋼関係者による「インド鉄鋼業への省エネ技術等普及事業2012年度第2回鉄鋼協力会合」等を2月5(火)〜7日(木)にかけて以下の日程にて東京および新日鐵住金君津製鉄所において開催、日印両国から、関係者約50名が参加して盛会のうちに終了致しました。

 ※地球温暖化対策技術普及等推進事業は、2012年度経済産業省の委託事業であり、日本鉄鋼連盟高炉各社が委員として参画。本官民協力会合 は、「二国間 官民連携 分野別先行型」のユニークな取組みであり、“世界最高水準のエネルギー効率を誇る日本鉄鋼業界の技術と経験”をキ ーとしたインド鉄鋼業界への政策提言等を目的としている。

  【日程】

  2月5日:第2回日印鉄鋼官民協力会合

  2月6日:製鉄所見学−新日鐵住金(株)君津製鉄所

  2月7日:鉄鋼省エネ・環境保全技術、先端技術説明会

 会合では、昨年度から検討を行ってきたインド鉄鋼業に適した省エネ技術リスト「技術カスタマイズドリストver.1」および同リストを活用した省エネ技術の導入・普及促進等を説明した「技術普及ガイドブックver.1」がオーソライズされました。両国の鉄鋼業界が官民で参加し、真摯に省エネについて議論し、その国に相応しい技術リストを策定したのは、事実上世界初の取組みとなりました。

 インド鉄鋼省のシン次官補、ダス産業顧問より、日本の省エネ技術移転等に対する強い期待が明確に示されたことに加え、リスト対象外のCOURSE50プロジェクトも含め革新的技術などインド側にとって重要な技術に関し、情報交換の場を継続的に持ちたいとの要望がインド側参加者より表明されました。こうしたことを受けて、来年度以降も日印鉄鋼官民協力会合を継続していくことが参加者の間で確認されました。


   日印協力会合参加者集合写真


   会合風景


   技術カスタマイズドリスト / 技術普及ガイドブック



 

以上

 

本件に関するご連絡/お問合せ先:
一般社団法人日本鉄鋼連盟  総務本部 広報グループ 
TEL 03-3669-4822  FAX 03-3664-1457

ページの先頭へ