ホーム > ニュースリリース > トピックス > 平成23年度「二国間オフセット・メカニズム」に関する鉄鋼関連FS(実現可能性調査)事業の採択について

トピックス

平成23年度「二国間オフセット・メカニズム」に関する鉄鋼関連FS(実現可能性調査)事業の採択について  〜 機動的で、相手国に調和した、技術に基づく、グローバルな省エネ対策を目指して 〜 

  10 月20 日(木)、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)委託事業「地球温暖化対策技術普及等推進事業」に、「南アフリカにおける鉄鋼セクターの省エネ技術導入案件発掘調査(提案者:新日本製鐵梶Eスチールプランテック)」が採択されました。

 本案件をもって平成23 年度における「二国間オフセット・メカニズム」のFS 事業(実現可能性調査)に関し、鉄鋼企業が検討に参加し採択を要望した5 件すべてが、経済産業省、環境省ならびにNEDO より、採択されたこととなります。

 詳細につきましては、以下の資料をご参照ください。

平成23年度「二国間オフセット・メカニズム」に関する鉄鋼関連FS(実現可能性調査)事業の採択について
〜 機動的で、相手国に調和した、技術に基づく、グローバルな省エネ対策を目指して 〜



鉄鋼会社が参加する二国間オフセットに関するFS一覧

 

本件に関するご連絡/お問合せ先:

一般社団法人日本鉄鋼連盟 技術・環境本部 地球環境グループ
TEL:03-3669-4837  

ページの先頭へ