ホーム > ニュースリリース > トピックス > 平成20年度 製鉄所見学会の実施について

トピックス

平成20年度 製鉄所見学会の実施について

鉄鋼連盟では、平成18年度より小学校の先生方および親子を対象とした製鉄所見学会を実施しております。本年度の先生方の見学会については、8月末時点で全国3地区(東京都、北茨城市、神戸市)の社会科研究会、総数88名の先生方を対象に実施しました(下図参照)。

日程
見学対象者
参加人数
実施製鉄所
7月31日(木)
東京都小学校社会科教育研究会
34名
新日本製鉄梶@君津製鉄所
8月 6日(水)
北茨城市教育研究会社会科教育研究部
17名
住友金属工業梶@鹿島製鉄所
8月22日(金)
神戸市小学校社会科部
37名
叶_戸製鋼所 加古川製鉄所

見学会の当日は製鉄所の概要についてビデオやパネルを用いて説明を受けた後、高炉や熱延設備などを見学しました。先生方からは「鉄を製造している現場を実際に見て、とても迫力があり、熱気を肌で感じられ、貴重な体験となり良かった」との感想や「実際に自分の目で見る事が大切。子どもたちを見学に連れて行きたい」との声が聞かれました。

なお、先生方の見学会については、9月以降も実施する予定です。

8月8日(金)に科学技術館サイエンス友の会会員の子供たちと保護者の方々、計36名に新日本製鉄君津製鉄所を見学していただきました。
当日は製鉄所の概要についてビデオやパンフレットを用いて説明を受けた後、製鉄所内をバスで移動しながら、実際に大形工場を見学しました。大形工場を見学した子どもたちからは、「熱い鉄をそのまま流し入れるのが凄かった」「成型したての鉄を身近で見ることができて面白かった」など率直な感想が聞かれました。

ページの先頭へ