ホーム > 各種ご案内 > 催し物のご案内 > 第3回「建築構造用鋼材と利用技術セミナー」

第3回「建築構造用鋼材と利用技術セミナー」

開催目的・講演要旨・プログラム

  一般社団法人日本鉄鋼連盟は健全なる鉄骨造建築の普及を目的とした諸活動を行っております。そのひとつとして平成7年度から毎年「建築構造用鋼材とその利用技術」講習会を開催してまいりましたが、平成26年度より受講料無料のセミナーとして再スタートいたしました。第3回となる今回は、全国7地区にて、建築構造用鋼材の利用技術、新工法等に関する以下のテーマについて、実務的・実践的に解説いたします。ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております。

基調講演

鉄がサポートするこれからの公共建築物
鉄骨造建築向け溶接関連刊行物の紹介
国総研、建研における2016年熊本地震での鉄骨造建築物の被害調査について

各講演の要旨・プログラムの詳細は こちら をご覧ください。

受講対象

官公庁、建築設計事務所、建設業、鉄骨加工業、大学・高専教員・学生、学術関連機関等、建築関係者

受講料

無料

開催地・開催日・会場・定員・申込状況

開催地 開催日 会場 定員 申込状況
福岡 平成28年11月15日(火) アクロス福岡 大会議室(7階) 120名 受付終了
札幌 平成28年11月25日(金) 札幌グランドホテル 紅葉(本館3階) 72名 受付終了
大阪 平成28年11月29日(火) 大阪大学中之島センター 佐治敬三メモリアルホール (10階) 144名 受付終了
名古屋 平成28年12月2日(金) 愛知県産業労働センター (ウインクあいち)
大会議室 1001
100名 受付終了
広島 平成28年12月8日(木) メルパルク広島 平成(6階) 96名
東京 平成28年12月13日(火) 東京証券会館 ホール(8階) 200名
仙台 平成28年12月16日(金) 仙台国際ホテル 広瀬(4階) 96名

(注1) 開催時間帯は、各会場とも13:30〜16:45。
(注2)申込状況の見方:○=席に余裕あり。△=若干余裕あり。受付終了=受付を終了しました。

受講申込

 こちらのフォームより受講をお申し込みください(下記の開催案内をプリントして4頁目にある申込用紙をFAX頂くことでもお申込みできます)。

 電子メールで受講証を自動返信しますので、印刷し、当日会場受付にご提出ください(FAXによる申込みの場合は、受講証をFAX送信または電子メール送信しますので、同様に当日会場受付にご提出ください)。

開催案内


PDFファイル(別ウィンドウで開きます)

後援(予定)

国土交通省開催都道府県国立研究開発法人建築研究所一般財団法人日本建築センター一般社団法人日本建築学会公益社団法人日本建築士会連合会一般社団法人日本建築士事務所協会連合会公益社団法人日本建築家協会一般社団法人日本建築構造技術者協会一般社団法人全国建設業協会一般社団法人日本建設業連合会一般社団法人鉄骨建設業協会一般社団法人全国鐵構工業協会一般社団法人日本鋼構造協会一般社団法人日本溶接協会東北鉄構工業連合会開催都道府県建築士会開催都道府県建築士事務所協会開催都道府県建設業協会開催都道府県鉄構工業協会

主催

一般社団法人日本鉄鋼連盟

その他

  1. 会場には必ず受講証をご持参下さい。
  2. 会場の都合上、定員に達し次第締切らせていただきます。本ページの「申込状況」をご参照ください。
  3. ご欠席者の中で、資料の入手をご希望される方は、下記お問合せ先へメールにてご連絡下されば、送料着払いにて資料をお送りいたします。
  4. 本セミナーは、(一社)日本建築構造技術者協会のJSCA建築構造士登録更新のための評価点対象セミナーとなる予定です。
  5. 本セミナーは、建築士会CPD制度の認定プログラムとして承認されました(3単位)。
  6. 本セミナーにお申し込み頂いた方の個人情報は、受講申し込みと、別途ご同意を頂いた方への当連盟からの各種ご案内・アンケート実施以外の目的には使用致しません。
  7. 日本鉄鋼連盟では、株式会社ゼネラルエージェンシーに、本セミナーの運営業務を委託しております。個人情報の取扱については本セミナー以外の目的には使用しない旨、同社と覚書を交わしております。
  8. お車でのご来場については、会場により駐車スペースの制限もございます。公共の交通機関のご利用をお奨めしております。

問合せ先

一般社団法人日本鉄鋼連盟 経営政策本部 市場開発グループ
電話:(03) 3669‐4815 FAX:(03) 3667‐0245 E-mail:sijo-kaihatsu@jisf.or.jp

PDFをご覧いただくにあたってご使用のパソコンにAdobe Reader(Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
Adobe Reader,Acrobat ReaderはAdobe社の登録商標です。

ページの先頭へ