ホーム > 各種ご案内 > 催し物のご案内 > 第7回グリーン・スチール・セミナーの開催について

第7回グリーン・スチール・セミナーの開催について

社会資本の整備・ライフサイクルについての最近の取り組み

〜鋼材の優れた環境性能について〜

 

      建築士会CPD認定プログラム ,   土木学会認定CPDプログラム

(プログラムID:00216045、4単位(申請中))   (認定番号:JSCE17-1031、4.0単位)

 

開催趣旨

 日本鉄鋼連盟では、地球温暖化防止、循環型社会の構築、自然との調和などに貢献する鋼構造の優れた環境性能をご理解いただくため、建設に携わる方々を広く対象に毎年、「グリーン・スチール・セミナー」を開催しております。
 第7回を迎えます今回は、「社会資本の整備・ライフサイクルについての最近の取り組み〜鋼材の優れた環境性能について〜」と題しまして、製品LCAと素材LCAの考え方や、建築における環境影響評価、また、worldsteel(世界鉄鋼協会)のLCA方法論の国際規格化への取り組み等について紹介するとともに、宇宙開発利用の動向に関するJAXAの特別講演を予定しております。
 ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております。

講演内容・講師

1. -基調講演-  製品LCAと素材LCAとは
    東京大学大学院 工学系研究科 マテリアル工学専攻 特任准教授 醍醐 市朗

 ライフサイクルアセスメント(LCA)は、従来、最終製品のライフサイクルでの環境負荷を評価するためのツールとして発展してきた。一方で、素材はリサイクルされることも多く、素材のライフサイクルは、複数の製品にまたがる。特に、リサイクル性に優れる鉄鋼材は、その用途の多さもあり、従来の製品LCAで評価することは困難である。素材のためのLCAにおいて、考慮すべき点や、製品LCAとの違いを解説する。

2. 建築における環境影響評価
    東京大学大学院 新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻 准教授 清家  剛

 建築を構成する材料として、鉄は重量比率の大きな重要な材料であり、しかもリサイクル可能な材料である。しかし建築物の評価においては、リサイクルされた材料は評価されるが、リサイクルできる材料は評価されていない。こうした現状を踏まえ、建築分野の建築部材の環境宣言ISOである「ISO 21930」を検討するときの議論や、建築の代表的な環境影響評価ツールCASBEEでの鉄という材料の考え方について紹介する。

3. 「鉄の輪がつなぐ人と地球」 -地球環境問題と鉄鋼業界の現状と今後の対応-
    日本鉄鋼連盟 建設環境研究会 委員長  久山 誠二

 温暖化防止や循環型社会の実現など、地球環境問題への対応は、産業界にとってますます重要性を増している。鋼材の製造プロセスと環境特性を解説するとともに、現在、日本鉄鋼連盟が中心となって取り組んでいる worldsteel(世界鉄鋼協会)のLCA方法論の国際規格化について、直近の動向も含めて紹介する。また、地球温暖化対策への鉄鋼業界の取り組みとして推進している低炭素社会実行計画について紹介する。

4. リサイクル特性を反映した鉄鋼材料のLCA評価
    日本鉄鋼連盟 建設環境研究会 副委員長  平川 智久

 鋼材はリサイクル性が高いと言われるが、天然資源から材料が作られ、それが永続的に再生され続けている状態を一貫的に評価する手法の普及はこれからである。鋼材の永続的なリサイクル性は、最初の「石を鉄に変えた」という事実(ルーツ)の上に成り立っており、これを切り離して考えることはできない。今回、鉄連が推奨する評価手法を上記の視点で解説するとともに、これに関連する最近の当研究会の活動について紹介する。

5. -特別講演-  宇宙開発利用の動向および宇宙航空研究開発機構の取り組みについて
    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 新事業促進部 特任担当役 阿久津 亮夫

 宇宙開発利用分野は、急速な市場拡大が見込める分野である。今までの国主体の活動から、近年、ロケットや小型人工衛星の開発、宇宙利用などへのベンチャー企業・異業種企業の参入も活発になってきている。国として、事業環境・枠組みが整備されるとともに、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、我が国の宇宙産業競争力強化を目的とした活動を行っている。今回、国内外の宇宙開発利用分野の動向およびJAXAの産業支援の取り組みについて紹介する。

日時

平成29年12月8日(金) 13:00〜17:15

会場

フクラシア東京ステーション 5階 5H会議室(定員150名)  住所:東京都千代田区大手町2-6-1

主催

一般社団法人日本鉄鋼連盟

受講料

無料

申込締切

平成29年12月1日(金)必着(会場の都合上、定員に達し次第締切らせていただきます)

申込方法

こちらのフォームよりお申込みください。(別ウィンドウで開きます)

参加申込受付時に返信いたします確認メールをプリントアウトの上、当日会場にお持ちください。

問合せ先

一般社団法人日本鉄鋼連盟 業務部 市場開発グループ
TEL:(03)3669-4815 FAX:(03)3667-0245 E-maii:gss@jisf.or.jp

開催案内

PDFファイル(別ウィンドウで開きます)

PDFをご覧いただくにあたってご使用のパソコンにAdobe Reader(Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
Adobe Reader,Acrobat ReaderはAdobe社の登録商標です。

ページの先頭へ