COURSE50の概要

日本鉄鋼業は、たゆまぬ省エネ努力により生産工程で世界最高水準のエネルギー効率を達成し、そのことを通じて、地球温暖化対策としてのCO2削減に貢献してきました。

今後、地球規模での更なるCO2削減が望まれていますが、そのためには技術開発が鍵であり、長期的には、革新的技術による抜本的な対策が不可欠であると考えられます。

2007年5月、安倍晋三首相 (当時)により発表された「美しい星50(Cool Earth50)」においても、「省エネなどの技術を活かし、環境保全と経済発展を両立させること」が提言され、それを達成するための「革新的技術開発」の1つとして「革新的製鉄プロセス技術開発(COURSE50)」が位置づけられました。

COURSE50は、CO2排出の抑制と、CO2の分離・回収により、CO2排出量を約30%削減する技術を開発するというもので、2030年頃までに技術を確立し、2050年までの実用化・普及を目指しています。

技術開発のステップ1(2008〜2012年度)に引き続き、ステップ2(2013〜2017年度)を、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託研究開発プロジェクト「環境調和型製鉄プロセス技術開発」として、取り組んでおります。

COURSE50の概要の解説図 現行の製鉄プロセスの解説図

CO2を減らす技術

水素還元

水素で鉄鉱石を還元する技術。
さらに詳しく

CO2を減らす技術のアイコン

CO2を分離・回収する技術

CO2分離・回収

高炉ガス中のCO2を分離・回収する技術。さらに詳しく

CO2を分離・回収する技術のアイコン

COURSE50を支える技術

COURSE50を支える技術のアイコン

コークス改良

水素還元用の高強度・高反応性コークスを開発。さらに詳しく

水素濃度を高める

コークス炉の800℃の未利用排熱を利用して、コークス炉ガスの水素濃度を高める技術。さらに詳しく

未利用排熱活用

製鉄所排熱をCO2分離・回収に活かす技術。さらに詳しく

TOP|COURSE50の概要 |CO2を減らす技術CO2を分離・回収する技術COURSE50を支える技術研究・開発体制

Copyright © 2011 The Japan Iron and Steel Federation.