ホーム > 業界の取り組み > 地球温暖化対策 > 鉄鋼業界の取り組み > 各国・地域との環境・省エネ協力

鉄鋼業界の取り組み 日中更迭業環境保全省エネ先進技術交流会 両国鉄鋼業の発展と環境保全を目的に、省エネ技術および具体政策について活発な交流を実施します。

日中鉄鋼業環境保全・省エネ先進技術交流会

日中鉄鋼業環境保全・省エネ先進技術交流会は、日中両国鉄鋼メーカーなどの専門技術者による環境保全・省エネルギーの分野での双方のレベルアップを目的としたもので、2005年7月、北京にて両国鉄鋼業経営トップ層の参加のもとに行われた「日中鉄鋼業環境保全・省エネ先進技術交流会」において交わされた覚書に基づき実施されています。両国鉄鋼業の健全な発展に加え、資源の有効利用や環境保全を進める観点からも、同交流会の重要性が高まっています。

 

日印鉄鋼官民協力会合

日本鉄鋼連盟は、経済産業省との協力の下、2011年より「日印鉄鋼官民協力会合」を開催しています。世界最高水準のエネルギー効率を誇る日本の鉄鋼業の技術と経験を活かし、インド鉄鋼業界への政策提言を行うとともに、ファイナンスを含めた日本からの省エネ支援策について検討を行っています。
日本からインド鉄鋼業への技術移転を促進するため、両国の専門家により、インドにふさわしい省エネ19技術ならびに環境保全16技術を掲載した「インド版技術カスタマイズドリスト」が策定されました。これからも、日本の省エネ技術の移転によるインドにおけるCO2削減に貢献してまいります。

 

日ASEAN鉄鋼イニシアチブ

2014年5月に、日本鉄鋼連盟とアセアン鉄鋼評議会(AISC)は「環境・標準化・通商」分野における交流促進に関する覚書を締結しました。環境分野に関する取り組みとして、官民協力による「日ASEAN鉄鋼イニシアチブ」を発足し、ASEAN各国の環境・省エネ分野での協力体制を強化しています。
「日ASEAN鉄鋼イニシアチブ」の活動の一環として、ASEAN鉄鋼業にふさわしい環境・省エネ33技術を掲載した「アセアン版技術カスタマイズドリスト」が策定されております。

 

ページの先頭へ