ホーム > 業界の取り組み > 地球温暖化対策 > 鉄鋼業界の取り組み > ISO > 鉄鋼CO2排出量・原単位計算方法ISO規格化専門委員会の設置および規格提案の提出について

鉄鋼業界の取り組み ISO 製鉄所からのCO2排出量・原単位の計算方法「ISO14404」等の 国際標準化に取り組んでいます。

2013年3月、日本が主体となって開発を行った、製鉄所からのCO2排出量・原単位の計算方法の国際規格が「ISO14404」として発行されました。日本の鉄鋼業は、これまで省エネ技術の開発などにより世界最高水準のエネルギー効率を達成してきた過程で、「省エネ法」をベースとした製鉄所の効率評価手法を適用してまいりました。「ISO14404」はその日本の効率評価方法の思想を活かし、国際連携のもとで世界中の鉄鋼メーカーが共通に使える手法に改良したものです。
日本の鉄鋼業は、インドやASEAN等の製鉄所における省エネ診断調査等で、「ISO14404」を活用しています。また、「ISO14404」の活用促進を目的とし、「ISO14404 User Guide」および「ISO14404計算ツール(高炉用電炉用DRI電炉用)」「ISO14404技術導入シミュレーター(高炉用電炉用DRI電炉用)」を作成いたしました。

【参考】ISO14404 (ISOウェブサイト)

ページの先頭へ